気の向くままに

乙女ゲームとか。少女漫画とか。たまーにOLの日常とか。

大正ロマンチカ 1〜9巻 一気読み!

 

またまた週末が終わってしまいましたね。

仕事行きたくないよー( ; ; )

 

 

さて週末はこれを読んでました

f:id:kuro81:20180219072827j:image

 

大正ロマンチカ』。

 

ヒロインが袴姿だったので、一目惚れで購入した覚えがあります。

(基本、大正ロマンモノに弱い)

 

はじてての出版社、宙出版で、なんと掲載誌はウェブ上!

イマドキですね〜

基本紙媒体でしかマンガ読まないので、新鮮でした(^^)

 

以前こちらで1巻のレビューをした覚えがありますが、9巻まで持ってます。

 

ストーリーは完全に王道。

山ほど少女漫画を読んでいると、あまりに既視感のある展開ばかりでちょっとチープに思うことも(苦笑)

 

というか、2巻で主人公カップルが相思相愛になるので、それ以降はほんとお惚気展開なんですよね。

 

少女漫画って、くっつくまでの時間が醍醐味だと思ってるので、相思相愛なふたりが壁を乗り越えて行く!というストーリーはどうもどれも同じに感じてしまう、、、

 

いや、たぶん私が少女漫画読みすぎなだけです(笑)

 

そんなラブラブ展開に飽きてきた今日このごろ、なんと、ちょっとサスペンス要素が!

 

もともとこの漫画を買いだな!と思ったのが、アンティーク家具をメインテーマに置いているのが面白いなと思ったから。

 

そしてヒロイン明ちゃんの父の謎。

 

こういう、ちょっとひねったところを楽しみにしていたので、10巻以降、物語が動きそうで楽しみです。

 

 

絵柄はちょっとTLっぽいので好みが分かれそうですが、きれいで丁寧な絵柄、豪華です。

 

少女漫画で見たいシーンは必ずあるといっても過言じゃないくらい、定番を押さえてくれます。ファンに優しい設計ですw

 

表紙裏もクスッと笑える作りになっていて、丁寧につくられたコミックスだなと好感。

 

 

大判コミックスは高いので、10巻以降の購入はちょっと見送りますが、いつか買います!