気の向くままに

乙女ゲームとか。少女漫画とか。たまーにOLの日常とか。

ラストゲーム 1巻 感想

 

こんにちは。

最近断捨離がてら集めた少女マンガを読み返しています。

もう何を何巻まで買ったか全く覚えてないんですよ(*´ー`*)増えすぎて。

 

 

ちょっと整理整頓したいと思います。

 

さて今日は『ラストゲーム』の1巻の感想を書きたいと思います。

 

ラストゲーム 1 (花とゆめCOMICS)

ラストゲーム 1 (花とゆめCOMICS)

 

 

 

王道少女マンガと話題をさらった今作。平積みになっていたのでまんまと購入しました。

 

掲載誌はLaLa(白泉社

もともと3回の短編連載だったのですが、人気が出て長期連載に。

 

3話で本当に綺麗にまとまっていたので、まさかこの作品が11巻にも渡る長編になるとは思いもしませんでした!

出てもスピンオフくらいだと思ってた……!

 

大好きなキャラたちはなるべく長く見ていたいので、連載が続けば続くほど嬉しいのはもちろんですが^ ^

 

 

さて内容はなんでも出来てお金持ちの俺様王子キャラ×地味で庶民な秀才少女(三つ編みおさげ)というド定番な少女マンガ設定。

 

なにひとつ真新しさはありません。

なのにこの面白さ、センスの光る作品です。

誰に薦めても食あたりしない、無難中の無難。でも単に無難に終わらない、王道の面白さが詰め込まれています。

なんか面白いマンガない?って言われたらついつい紹介したくなる1冊です。

 

 

魅力はやっぱりヒーロー柳(やなぎ)の可愛さでしょう。完璧な自分が唯一勝てない女、九条。にも関わらず九条は勝ってもにこりともせず、自身の人生を懸命に生きるのみ。柳を全く相手にしません。いつか正当なライバルとして彼女の瞳に写りたいと躍起になるうちに、それは恋に変わっていって、、、と、この一途な片想いが可愛くて可愛くて!天使かよ!

 

 

俺様王子様キャラなのに、チートキャラじゃありません。努力家で、他人に優しく誠実で、憎めない性格です。九条には好きすぎて 酷いこと言っちゃうんですけどね♡

 

ヒロイン九条は、La Laお得意のすっとぼけゼロ恋愛ヒロイン♡これまた王道キャラなのですが、大学に入るまで、本気で柳の存在をスルーするという鉄壁の設定がすばらしい。実は見てたよ♡みたいなオチはなく、潔いところがいいですね!キングオブすっとぼけ!

 

キュートな恋に、ついつい柳を応援したくなる、そんな王道少女マンガです。

 

未読の方にはぜひぜひオススメ!

 

完結までまだ読んでないので、この後どんな展開になっていくのか楽しみ!