読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気の向くままに

乙女ゲームとか。少女漫画とか。たまーにOLの日常とか。

狼陛下の花嫁 1巻 感想

漫画 狼陛下の花嫁

 

すっかり寒くなってきて、手がかじかんでタイプミスが増えてきました。

冬は苦手です。。。

家に籠ってマンガを読むには最適の季節ですね!ぬくぬく!

 

さて本日2冊目のレビュー記事。

 

狼陛下の花嫁』!

1巻が2009年に発売と、結構古株。既刊15巻で、まだ連載中なので、長期作品ですね。

掲載誌はLaLa、白泉社です。レーベルは花とゆめコミックス

 

 

狼陛下の花嫁 1 (花とゆめCOMICS)

狼陛下の花嫁 1 (花とゆめCOMICS)

 

 

表紙からもわかるように、中華風ファンタジーです。

時代モノ×ファンタジーが大好きで、しかも白泉社ときたらもうこれ絶対好きだろうな、と確信して購入しました。

 

読んでみたら大当たり!

一気にひきこまれて、大好きな作品となりました!

 

あらすじ

下級役人の娘、夕鈴(ゆうりん)は、割のいいアルバイトがあると紹介されて、後宮へ。しかしそこで明らかになった仕事はなんと、「臨時の陛下のお妃」役!この国の陛下といえば、冷酷非情の「狼陛下」。そんな恐ろしい仕事は出来ないと逃げ出したくなる夕鈴ですが、陛下の秘密を知ってしまい……!

秘密の後宮ラブロマンス、開幕です!

 

 

タイトルに花嫁、とついているので、すでに結婚してるのかなーなんて思いながら読み始めたら、なんと「花嫁役」のアルバイトをする女の子のお話でした!

 

はじめっからラブラブってのも新しくてありかもですが、やっぱ少女漫画、くっつくまでの過程を楽しみたいですもんね♡よかった、はじめからくっついてなくて♡

 

読み切りスタートだったこともあり、1巻は1話完結系のお話が盛りだくさん。

起承転結がはっきりしていて、ハプニングからの陛下(ヒーロー)登場、ばっちりイケメン★展開が続きます。狼陛下を銘打っているだけあって、ビシッと決めるところは決めてくれる陛下。文句なしにイケメンです。でもでも、この作品の魅力はやっぱり夕鈴にだけみせる「子犬陛下」なんですよね。しゅーんってする陛下が可愛すぎて!!!

実は優しい性格の陛下。夕鈴にベタ甘です。いやもう、格好良くて、仕事ができて、そして妻にはベタ甘とか最高でしかないですね!すばらしい!

この緩急のイケメンの魔術に、糖度は上がりっぱなし。大満足!

クサい台詞も陛下なら甘く聞こえる魔法…♡

嫉妬するときは「狼陛下」なんですが、嫉妬深い狼陛下もまたイイ…!!

いやもう独占欲見せまくってくれて、本当1冊で癒されつくします。うるおいをありがとう、ありがとう陛下!

 

この物語を大好きになるもうひとつの要素がやっぱり外せない、ヒロイン夕鈴です。

主人公夕鈴は、節約大好きな庶民派ヒロイン♡お決まりのにぶにぶヒロインで、全然恋愛に発展しません。いいぞLaLa!すっとぼけ愛されヒロインが大好きです! 

 

夕鈴は間違ったことが大嫌いなまっすぐな性格で、さっぱりとして惚れちゃいます。喜怒哀楽がはっきりしていて、応援したくなる素敵ヒロイン。ウサギみたいな髪型もかわいい♡

陛下が夕鈴のことを、

「あれ(夕鈴)は私に毒など盛らん

飲んでほしければ直接そう言ってくるような正直な娘だ」

と表現するシーンがあるのですが、まさにその通り!って感じ。

伝えるべきことはしっかり伝えて、自分が間違っていればその場で正せるような正直な女の子。本当愛らしいですね。

そしてそんな夕鈴の魅力をばっちりわかってくれちゃっている陛下に打ち抜かれます。

陛下…すき!!

 

さてこちらの1巻、壁ドンはあるのか!

ありましたー!!割と序盤に。

2009年の作品なので壁ドンという言葉はなかったでしょうけど、キチンと壁ドンしてました。陛下が。

狼陛下が夕鈴を説得するシーンでの壁ドン。ここでの

「私は君に対して甘い夫だ」という台詞が説明がつかないくらい大好きです。

甘やかしているという自覚がありながら甘やかし続ける優しさというか、そういうの大好きです。

とか変態な感想を言ってしまいましたが、シーンとしては体の距離とは裏腹に、陛下が夕鈴を突き放すことばを発する場面でもあります。

でも次のページで夕鈴がそんな言葉にもめげず、陛下に素直に言葉を投げかけます。

このシーン、二人の優しい性格が詰まっていていい壁ドンだなあ、、、と読み返しながらしみじみ。

 

内容はどちらかというと王道でお決まりの展開で、安心して読めるところが魅力です。

糖度もばっちりで、仕事で疲れた時に読むと最高です。

1話に1回くらいしっかり陛下にトキメける、やつれた乙女にやさしいトキメキ多量設計です。

 

私は仕事とか、学校とか嫌なコトがあると少女漫画を読んで現実逃避をしたい人間なので、とにかく仕事も学校も出てこない、「ファンタジー」「非現実」モノがだいっすきです(笑)

漫画でくらい冒険したい!(爆)

そんな疲れた乙女におすすめです。

もちろん疲れてない方もぜひ。