気の向くままに

乙女ゲームとか。少女漫画とか。たまーにOLの日常とか。

水玉ハニーボーイ 1巻 感想

 漫画の感想書くぞー、と意気込んで前回の記事を書いてから1ヶ月以上経ってしまいました。1日1冊書きたいとか言う目標もあったのにな、ごにょごにょ。

 

 

さて本日紹介するのは、最近買った中でもかなりお気に入りの『水玉ハニーボーイ』!

白泉社っ子の私がやっと白泉社の作品をレビューする日が来ました(笑)

水玉ハニーボーイ 1 (花とゆめCOMICS)

水玉ハニーボーイ 1 (花とゆめCOMICS)

 

 

ネットの無料立ち読みであらすじを読んで気になっていたのですが、書店で流れていた販促PVにほいほいされてついつい4巻まで大人買いしてしまいました☆

 

4巻通して読んだ感想は、

作者天才なんじゃないだろうか。

って感じ(笑)

 

池ジュン子作品は初めて読んだのですが、いやほんと天才かと。

 

絶妙にバランスのとれたラブコメです。

掲載誌である”LaLa”らしい王道展開、王道イベントを網羅しながらも究極のキャラ立ちを達成している、超優良株。

メインヒーローが「オネエ」という超展開なのに、しっかり少女漫画ってすごい。

 

なんだろう、男女逆転系設定(女子が強くて男子が優しい)は結構少女漫画としてはベタなんですが、ここまでしっかり振り切っていった作品には初めて出会いました。ここまでしっかりオネエってすごい。すごいよ藤君!少女漫画界のパイオニア

 

そして当て馬担当、七緒先輩がまたいい!

登場したときは、はいきた、仙石さん(ヒロイン)のこと好きなイケメン枠。女々しい藤君なんかより俺にしろよ的な展開なんでしょどうせ、と少女漫画の読みすぎでひねくれた私は迎え入れました。(いや、読める展開なド定番な漫画も愛していますが)

 

が、しかし。

七緒先輩がもうね、予想をはるかに上回る ア ホ★ でした。

いやね、熊しょってきた時から若干コメディ感はありましたが、いや、ナナメ上を行くアホでした。登場が毎回面白すぎる。

交際をかけた剣道勝負での結果とかが、後々こんなに面白いエッセンスになるとか思いもよらなかった!

完全にオチ要員、ネタ要員な七緒先輩ですが、初登場時の髪の長い七緒先輩は超絶イケメンなので要チェック。ポテンシャルはある男なんだ!たぶん。

 

主人公の女の子、仙石さんは強い人になりたい剣道部主将。

会長はメイド様!』(藤原ヒロ/白泉社)の美咲ちゃんを思い出す、まじめ系しっかりヒロイン。恋には鈍感、な正統派LaLaヒロイン。そこまでLaLa詳しくないですが、LaLaのヒロインはまっすぐなヒロインが多いですね。

 

女の子の恋メインよりも、男の子が一途なのに、ヒロインが気づいてくれない展開が大好物なので、ヒロインとして100点満点です仙石さん!ずっとすっとぼけてて!(笑)

 

現実世界では、女の子よりも男の子の方が恋愛熱心とかありえないですが(笑)

いや少女漫画はそういう意味でもファンタジーなのですよ!!

 

1巻は0話が読み切りスタートだったこともあり、結構1話完結で読みやすい感じです。起承転結がしっかり組み立てられていて、オチも面白い。

体育祭にお買いものデート&花火に肝試し(そしてお約束の遭難★)とイベントも盛りだくさん!

全部藤君が藤君らしいオネエヒーロー的な活躍を見せていて、腐るほど少女漫画を読み漁り、イベントを見まくってきた私にも全部が新鮮でした。

 

そんな1巻の見どころはやっぱり藤君の壁ドンかな。

藤君がしっかりイケメンっていうのが池ジュン子マジックなんだなー。いやまじで藤君イケメン。オネエなのに!

実は男らしい!とかそういうことじゃなくて、オネエで乙女な藤君ありのままでかっこいい!と思わせてくれるところが本当にすごい。

藤君の全部を好きになれるよ。

 

ほんとおすすめです。

少女漫画にマンネリした人、コメディ好きには超おすすめ。

ぜひぜひご一読あれ。