読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気の向くままに

乙女ゲームとか。少女漫画とか。たまーにOLの日常とか。

【遥かなる時空の中で6】ルード 感想

 

ルードルートクリアしました(^v^)!

乙女ゲーム熱が再燃しています!!燃えている!!

年下キャラは基本的に食指が動かないのですが、ダリウスルートのラストであまりにもルードがかわいかったので、突撃しました。

 

間違いなく可愛いルートでしたよ!いやもう!すばらしい!

 

以下ネタバレ有の感想です^^

 

 

ダリウスの忠実な従者であるルードくん。梓ちゃんがルードを「くん」づけで呼ぶことからもわかるように、少年キャラなルード。たしか15才。

遥か6のツンデレ担当。従者推しで、なかなか素直になれずに「ツン」ばかりでラストにちょっとだけデレる系かなと妄想していたのですが、蓋をあけてみれば、なんだただのピュア恋♡でした(笑)

ルード(ピュア)×梓(ピュア)=見ているこっちが恥ずかしいレベルのピュア度

 

ルードも鬼側なので、きっと後半は全然会えないんだろうな。と思っていたら大間違い。めちゃくちゃ会いに来てくれます。走ったり、走ったりして(笑)ダリウスの時の「すれ違い」イベントとは打って変わり、もう毎回すんなり会えます喋れます。なんなら結界の種で呼びつけられます。会いたいからというだけでルードを呼びつける梓ちゃん、もうそれ付き合ってるでしょ!ってな感じですが、ピュア恋なので非常に健全です。

 

ルードルートで意外な設定だったのが、ルードの過去。実はルードが首領になるはずだった、折り紙つきの血統の持ち主だったということ。これは意外でした!ダリウスの、実は本筋ではないという設定、なんのためにあったんだろ、とダリウスルートで思っていたのですが、ここで活きるのか!と納得。確かに従者にしてはひらひらした服着てるな君、と思ってましたが。

 

ルードの告白はまっすぐで、ド・ストレート。これくらい直球が似合うのも彼のよさですね。もうね、すぐ落ちました(笑)男らしい!すばらしい!見習え大人組!嫉妬に対しても素直で、自分が嫉妬してしまったことを認めるルード。大人げなくシュークリームを詰め込んだりしません(笑)(←このシーン大好きですよ、あしからず)

 

このルートの特徴は、「村野さん」という元帝国軍の私塾教師が出てくることですね。ルードくんが新しい道を切り開くことができるストーリーとなっています。さらに、軍の梓と鬼のルードの恋らしく、ラストの戦闘も、生き埋めになった梓らを、帝国軍・市民・鬼一丸となって救い出す描写で進められていきます。ダリウスが仮面をつけて圧倒的な力と自己犠牲で戦うストーリーだったダリウスルートとは打って変わって、非常に平和です。

 

そして待ちに待った個別ルート!(遥か6は個別短いですよねー、、、周回してると飽きてくるよー)

無事ボスを倒して、梓がここに残ることを選んだあとの、ルードの説得がとってもかわいい。

「でも、私を選んでください」

という台詞が超おきにいりです。ルードらしくてかわいすぎる。萌え禿げました。

 

そしてラスト!いつかフードとってくれるんだろうな~とめちゃくちゃ楽しみにしていましたら、なんと!!!なんと!!!!

 

ルードくん、キススチルあるやん!!!!!♡(驚愕)

 

ネオロマンスはキスダメなのかと思ってました。だって、あんだけキスしそうなダリウスでキススチルなかったのでもうそういうの諦めてました(笑)

しかも教室の真ん中で、愛の再確認×キス。もうね、ルードかわいいすぎる。誠実で真面目で恋にもずっと一生懸命とか萌え禿げる!

 

いやあ、ネットの感想で、意外とルードにはまりました、みたいな声が結構書いてあったのを読んでいたのですが、本当によくわかりました。ダリウスも大好きでしたが、ルードはルードで格別ですね。もう、乙女の夢を全部叶えてくれる感じ。

 

全体的にスチルの満足度が高かったルートでもありますが、私的ベストスチルは「活動写真のふたり」でのスチル。真剣な表情で活動写真を見ているルードが可愛すぎて。色合いもいいし、お気に入りです。

 

ちなみに私が楽しみにしていたフードをとったルードですが、見直したら流星群をみた時のスチルで既にフードなしでした(笑)そしてかわいい♡

 

 

大満足なルードルートでした^^

次は九段いってこようと思います!