読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気の向くままに

乙女ゲームとか。少女漫画とか。たまーにOLの日常とか。

【遥かなる時空の中で6】ノーマルED 感想

遥かなる時空の中で6 オトメゲーム

 

遥か6、1周目クリアしましたー(^O^)!!最初はやっぱ王道で、と有馬さんルートを狙っていたのですが、気付けばイベントに失敗し、ノーマルEDとなりました。


プレイ時間は、ほぼフルボイス聞いて、12時間くらいでした。ひとつ前にやった「花まに」も12時間くらいだったので、ボリュームとしては同じくらいなのかな?でもこれだけ戦闘やって同じならストーリー部分は少なかったのかな?


これで3本目という初心者乙女ゲーマーな私にとって、遥かはいろいろと新感覚な乙女ゲームでした。各キャラENDがひとつずつしかないし、自由度が高くてノベルゲーっぽくないし、そもそも戦闘あるし、スマホのカードゲームみたいな要素もあるし、と、これまでやってきた2作品との違いに驚きました。まるでゲームみたい!というバカな感想をいだいてしまいました(笑)いや、全部たのしかったのですけれども。


気の向くままに選択肢を選んでいたら、気付いたらほぼ全てのキャラクターのフラグが折れており、花火大会まで残っていたのが有馬と九段だけというお粗末さ、、、もちろん有馬を花火大会の同行者に選んだものの、好感度は上がらず、ほとんどイベントがないまま、ただ戦闘をこなしていくという残念な結末にwww

 

さてさてそんなこんなでたどり着いた、記念すべきノーマルED!

以下ネタバレ有りの感想です。

 

共通ルートでも、ものすごい序盤でイベントに失敗したので、ほとんどイベントを観ることができなかった初遥か。乙女ゲームなのに糖度0な展開でした。癒されたいこの衝動はどうすればいいの!!!(笑)いやほんと誰も優しくなかったwwコハクくらいかなwwwいやほんと。

 

乙女ゲーで恋愛しなくて糖度なしってそれ楽しいの!?って感じでしたが、ラストの盛り上がりはかなりよかったです。物語としてきちんと完成していて、普通に世界を救うために戦うゲームとして楽しみました。

軍、鬼、市民のそれぞれの立場の考え方があって、それぞれに攻略キャラが属しているっていうのも面白かったです。大抵ゲームって、善と悪がしっかりわかれていて、敵を倒してハッピーエンドって感じなので。みんなが違う考えを持っているせいで団結した感じはしなかったのが残念ですけど、、、。最後に何故選ばれたのかわからないけど八葉も選ばれたりしますが団結しません。大団円エンドだとちゃんと仲よくなれるのかな?期待です。

 

ま。千代ちゃんも可愛いし、最悪の事態は避けられたし、うんよかったよかった。

 

 

て、えええええ!!!!あっさり現代に帰っちゃうEDなの!!?なにもすっきりしなかったよ!!まあコハクの正体と、鬼の一族と軍のこれまでの因縁はなんとかダリウスが説明してくれたから、伏線は回収できたけれども。みんなとの絆も感じなかったし、全然乙女ゲームじゃなかった(笑)恋愛したいよ!!!

 

とにかくずっと戦闘ばかりしていた気がします。乙女ゲー要素どこいった…

2周目は攻略サイト様みながらしっかり恋愛しようと思います(笑)

 

次こそ有馬!!