読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気の向くままに

乙女ゲームとか。少女漫画とか。たまーにOLの日常とか。

学園ベビーシッターズ 1巻 感想

学園ベビーシッターズ 漫画

学園ベビーシッターズ 1 (花とゆめCOMICS)

学園ベビーシッターズ 1 (花とゆめCOMICS)



学園ベビーシッターズ』1巻買いました!きっかけは最新刊がブクログのランキングにあがってたことと、前から結構人気あるらしいなと気になっていたのでついつい買っちゃいました。連載はLaLaかな?多分。LaLa方面全然知らないので、そろそろ開拓したいなー!(^.^)


時計野はりさんの作品は初めて読みました。結構前から活躍されてる印象がありますが、どうなんでしょう。学園ベビーシッターズは2010年に1巻が出てます。最新11巻と、これから買うには丁度いい感じ(*^^*)



さてさて本編!学園ベビーシッターズ、とにかく主人公の竜一がいい子過ぎて癒されます。心洗われる…!少女漫画なのに、主人公が男の子なんですね!保育士さんも男性!もちろん友達も!そんな男子ズとちびズがかわいい風変わりな学園ものです。


主人公竜一と弟虎太郎は飛行機事故で両親をなくし、同じ飛行機事故で息子夫婦を失ったおばあさんの家に身を寄せることになります。基本的にかわいくて癒しのある物語なのですが、スタートは切ないです。竜一が泣いちゃうとことかほんとうるうるきてしまった…!少女漫画の強引な設定に持っていくために、割と漫画で主人公はあっさり天涯孤独になるものですが(笑)、学ベビはその流れを比較的丁寧に描かれていたので、つい。(略称は学ベビでいいのだろうか、、、)


そんでもって、おばあさんは私立の学校法人の理事長だったので、その学校に転入かつ学園ベビーシッターをすることになりました。その代わりおばあさんは成人するまで面倒をみてくれるそうです。おばあさん太っ腹!
竜一くんの学園ベビーシッター生活の始まりと共にこの物語がはじまります!



ネットのレビューでも散々言われているように、とにかくかわいいのが魅力の学ベビ。子どもたちも去ることながら、高1ズもかわいい。狼谷くん友達に欲しい。ほんとにささいな日常を切り取りながらも飽きないところが魅力です。兎田さんとか犀川さんとかがスパイスになっているところが、ただかわいいだけってことじゃなくて、きちんと面白いお話になってる秘訣なんだろうな。ベビちゃんたちも、嫌な子みたいなキャラ設定はなくて、みんなそれぞれ違う性格だけど、ひとりひとり愛されて描かれているのがよくわかり、安心して読んでいられます。


絵柄はシンプルで今風な感じ。書き込みも最低限で、デフォルメは可愛さ重視。花ゆめ本誌派としては、このあたりLaLaっぽいなと思います。花とゆめは独創的な絵柄が多いので(笑)


ほんと、一言で言うならthe優等生な漫画です。これ買ってくれない親いないだろうな!健全度100%!って感じ。健全で癒される漫画をお探しの方におすすめです。いやほんと。


1巻にしては登場人物が沢山出てきたので、彼らの魅力をもっと味わえるような物語が続いていくことに期待ですp(^-^)q


さっそく2巻も買ったので、また感想書きますね。