読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気の向くままに

乙女ゲームとか。少女漫画とか。たまーにOLの日常とか。

レッドクリフ PartⅠ 感想

 

某乙女ゲーの影響で最近三国志に興味を持ち、〈レッドクリフ Part 1〉をレンタルで観ました。お、面白い…!!!

 

 

レッドクリフ Part I スタンダード・エディション [DVD]

レッドクリフ Part I スタンダード・エディション [DVD]

 

 

昔は歴史モノって苦手だったのですが、その壮大な物語に感動できるようになってきました。今年は大河も1年観ようと思っています!(いつも途中で挫折するのですが…)

 

その名の通り、三国志の1番有名な「赤壁の戦い」をハリウッドがド派手に映像化したものなんですが、1番びっくりしたのはやっぱりあれですね、Part1、赤壁に到達しない…!!!!だと…!!!!(笑)

 

意外にも赤壁より結構前から描かれます。諸葛孔明がイケメンすぎて惚れました(笑)孔明さんいいとこどり過ぎる…!!!というのは置いといて、やっぱり実写映画のいいところは、孔明の「策」を目で見ることができることですね。本当にわかりやすい…!そんでもって、人の生き死にをより直接的に感じられたのもよかったです。残虐なシーンもたくさんあるのですが、兵法は机上の空論ではなく、あくまでも殺戮であることをきちんと描いているのだと思いました。ま、アクションなくしてハリウッドじゃありませんからね!俳優さんたちのかっこいい殺陣、鮮やかな人海戦術、見応え満点に仕上がっていました。

砂煙あがる大胆なアクションと、静かに羽扇を持つ孔明との対比がまたいいんですけど、これが。

 

孫さんとこの周瑜都督が思っていたよりずっと大役なようで意外でした。その妻小喬さんもかなりメインらしいですね。周瑜都督もなかなかかっこいい殿方として描かれます。もうね、他の武将が気の毒な位、孔明さんと都督がイケメン枠ですよ。劉備ももうちょっとでいいからさわやかにしてくれてもよかったのに!!!

 

見どころはやっぱり孔明さんの交渉術と、その「策」。Part1でもその片鱗はいろいろ見せてくれました。亀の甲羅みたいな陣形は面白かった!!しかしやっぱり本領発揮はPart 2なんだろうな。むさ苦しい映像の中で、思ったよりも女性陣も活躍していました。小喬さんきれいすぎる!!!でも私は尚香さんの方がすきだ!

 

なんにせよPart 2楽しみです。